FC2ブログ

みどり楽器ブログ

名古屋・いりなかの楽器SHOPスタッフブログです。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ベースでお薦めの歪みエフェクター 第一回

スタッフ舟橋です。そろそろ冷え込んでくる時分ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて最近ではベース用のエフェクターをお求めになるお客様が専ら学生さんや若年層のお客様に増えました(尤も、中には好奇心旺盛、ベース関連と聞けば試さずにはいられない研究熱心なお客様もいらっしゃいます。見習わねば・・・・)。
プリアンプや歪みエフェクターは勿論、個性的なモデルまで皆さん好奇心と知識(時には我々スタッフよりもマニアック、造詣が深い方も・・・・!)を以ってしてお試しになられ、お気に召したらば購入して頂いております。
当店でも幾つかご用意しておりますのでお気軽に音を出していって下さいね。

さて今回は例えば学生さんでも手を出し易い、そんなベースにお薦めの歪みエフェクターをご紹介したいと思います。
ご紹介にあたり、改めて音を出してみました。

31.jpg
PGM製のジャズベース・モデル、アンプは画像には映っておりませんがPETERSONのものを使用致しました。
新鮮なインプレッションとともにご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのはこれ!
32.jpg
BOSS OD-3です。
「えっギター用じゃあないの?」
「ODB-3じゃあないの?」
違うんです。数多くのギターリストの足元でその性能を遺憾なく発揮したOD-3、実はベースで使ってもなかなかに“使える”音がするんですヨ!
というのもOD-3、設計段階でレンジが広めに設計されているらしく高域から低域まで過不足なく出力出来るようになっているのです。なのでベースで使っても非常に具合がよろしい。レゲエやダブみたいな重低音を!という方には不向きかもしれませんが、ロックをやる際にブリブリ弾き倒したい方等にはお薦めです!
さてBOSS製品は全てのツマミを時計でいうところの12時にして弾くと所謂「その個体の平均的な」音がするように設計されているそうです(聞いた話ですので真偽の程は不確かですが・・・)。で、今回もそれに倣って全部12時で鳴らしたところ、心地良く適度に歪んだゴリッとした音がアンプから飛び出しました。
ベーシストを「その気」にさせる音じゃあないでしょうか。

ODB-3は過激過ぎる、とかODB-3はちょっと自分にはあわなかった、という方、是非一度お試し下さい!
価格もお手頃ですので学生の皆様にもお薦めです!


スポンサーサイト



| その外のご紹介 | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |