みどり楽器ブログ

名古屋・いりなかの楽器SHOPスタッフブログです。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Godin Shifter

Godinの輸入代理店の営業氏が、新製品を持ってきてくださいました。

48.jpg
Godin shifter Vintage Burst Flame MN

今や完全に市民権を得たGodinから、新しいエレキベースの登場です。
この「Shifter」というモデル、まだ国内にもそんなに本数がないそうで「見たい!」という当店スタッフの声に応えて持ってきて頂きました。
そのルックスは「ベース版 ストラトキャスター」ともいうべき3ピックアップのエレキベース!
いやあ格好良いなあ!

49.jpg
弦は裏通し、テンション感の確保に一役買ってます。

少し弾かせて頂いたのですが、ナット幅は一般的なジャズベースと大差ないのですが、ネックグリップは若干太め。所謂「丸太」のようなネックでありますが演奏上ストレスはありません。むしろ安心感があるかもしれませんね、これ。
話によると某凄腕セッション・ミュージシャンもこのモデルを使用予定という事で、今後このベースが一躍脚光を浴びる事も想像に難くありません。

入荷したらまたお知らせしますね!
スポンサーサイト

| ベースのご紹介 | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぎざぎざハートじゃなくて・・・(^^ゞ

限定品に弱い・・(・Θ・;) 店長です。

 昨日、前々からオーダーしておいた
 限定のZO-3が入ってまいりました。
 どんなんかと言いますと イエローハートのZO-3なんですよ
2yellow_heart.jpg

 あのhideさんが使ってたイエローハート柄のZO-3
3yellow_heart_big.jpg

 限定500本で・・昔のラケット型のボディにぴったりサイズのケースが
 付いてきます。
 
 それも!( ̄▽ ̄)
 黄色い!
 yellow_heart_case_big.jpg

 このギターのためだけに作ったケースなんですよね~
 hideロゴもしっかり入ってますしね~

 ちなみに僕が弾いてるZO-3もラケット型のケース、、昔のZO-3はラケット型のケース
 だったんですよね・・・遠い目・・・
 最近のケースは封筒みたいなチャック開けて入れるだけ、、みたいな。
 
 限定500本なんで
 国内の楽器屋さんが全店オーダーしたら、、うちみたいな小さな店には・・・回ってこないカモ・・(^^ゞ
 
 でも、、少しだけ回ってまいりました。
 hideファンの皆様、、ZO-3ファンの皆様、、
 1本行っときませんか?

 今なら!即納中です。
 店頭でも!
 みどり楽器楽天市場店でも!販売中でございます!

| 未分類 | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

復活の日。

世界規模で支持を集め、「世界最強のロックバンド」との誉れも高いRHCPこと、Red Hot Chili Peppers。
ギタリストのジョン・フルシアンテが使用している!という事で人気が沸騰、ついでに価格も高騰した一台のエフェクターがあるのをご存知でしょうか?

「IBANEZ WH-10」というワウ・ペダルがそうなのですが、一時期は中古価格が定価を上回り、ネットオークション等でも2万5千円で落札されたのを見ました。恐るべし、レッチリ人気・・・・。
勿論、味わい深い良いサウンドも人気高騰の原因でしょうが、それにしても生産完了したWH-10はこのまま所謂「ヴィンテージ機材」になってしまうのか!?と根強いファンは不安に思っていたものです。

やってくれました!Ibanez!!
47.jpg
Ibanez WH-10 V2

何だか仮面ラ○ダーみたいなネーミングですが(笑)、見た目もコントロール系統も全く同じでWH-10が復刻しました!しかも以前はプラスチック製だったために勢い良く踏み込んだ衝撃で割れてしまったりしたボディも、頑健な材質故、これなら思いっきり踏み込んでも大丈夫!
さてさて、音の方は・・・・。「GUITAR」モードと「BASS」モードをスイッチで切り替えれる本機、今回はベースでの試奏です。昨日までの「ベースで~」シリーズを引きずってるんじゃないかって?
いえいえそんな滅相もない。

で、音の方ですがWH-10、旧モデルと遜色ないレベルの音色だと思えます(そこまで深~く旧モデルとお付き合いしたわけではないので、完全に同じかと言われると自信ないですが・・・・)。扱い易いワウ・サウンドが楽しめます。

是非一度お試し下さい!
今なら在庫ありますよ!

| その外のご紹介 | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベースでお薦めの歪みエフェクター 第五回

(それにしてもOD-16、良かったな・・・・。あれは良いものだ)
「フナハシ君フナハシ君」
「はい何でしょうか店長」
「昨日ブログでHAOのOD-16について書いてたよね」
「ええ、書きましたよ。あれいいですね」
「実はこんなのもあるんだよね」
「なんですかこれ笑」

46.jpg
HAO OD-16 DARK SIDE

「OD-16の限定モデルだよ」
「どれどれ、では早速・・・・」

というわけでOD-16の限定モデル、その名も「OD-16 DARK SIDE」をご紹介します。
まず見た目からして随分と印象が違いますね。黒ボディは鏡面仕上げ、そしてLEVELツマミは特殊仕様のCrimson Red!ロゴもおどろおどろしくてDARK SIDEの名に恥じません。LEDも紫色!
いやはや、徹底していますね。

で、肝心の音。
これがもうね、ただでさえ良かったOD-16から更に“進化”しているんです。
まずGAINがアップしている事により歪み具合も増し、そのディープな歪み方は癖になります。そしてトレブル感が強調された事によりギンギンしたサウンドメイクが可能!これは主張できますね・・・・!
試しにOD-16と同じセッティング、同じ音量で鳴らしてみたのですがその差は一目瞭然!勿論OD-16が駄目という事ではありませんが、過激なもの好きの方は断然DARK SIDEをお薦めします。

で、何が良いって過激ながらも飛び道具までいかずにシッカリと「使える」範囲に音がまとめ上げられているところ!GAIN、TONEともにマックスでDirectモードでなくとも、しっかりと芯のある歪んだベースサウンドが出力されます。良いなあ、本当にこれ良いなあ・・・・!

限定仕様故、お値段も通常のOD-16より若干お高くなってしまうのですが、是非両モデルお試しになられる事をお薦めします。ベーシスト諸兄、暗黒面より生まれでたこのオーバードライブ、是非一度はお試し下さい!

| その外のご紹介 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベースでお薦めの歪みエフェクター 第四回

こんにちは、スタッフ フナハシです。
ここ数日の間は店長が更新、これは僕も負けてられませんという事で風の噂で一部で好評の「ベースにお薦めの(一般的にはベースにもイケる!とそこまで認識されていない)歪みエフェクター」、ご紹介させて頂きます。

今回はコレ!
45.jpg
HAO OD-16 エクストリーム・オーバードライブ です。

ピッキングニュアンスを損なう事なく表現、そのキレ味のある中低域で評判の本機ですが、これがベースでもかなりイケる!
GAINちょい高め、TONEをちょっと絞り目で真空管アンプを歪ませたような「あの」音、かなり近いニュアンスでアウトプットできます。本記事掲載ように試奏した際は相当LEVELツマミを押さえなければ爆音に・・・。これって良い事でして、音量に余裕があるというのはどんな現場でも過不足なく扱えるという事の証明に他なりません。
弾いているとついつい「その気」になってしまう本機ですが、どうです、印象的なロゴ、どこかで見た事ありませんか?

そう、ジ○ン公国、ですね・・・・。
赤いし・・・・このロゴだし・・・・・これってあれですかね、シャ○専用?

いえいえ冗談は置いておくにしても、この商品かなりお薦めです!
様々なセッション活動、サポート活動で知られている松田“Fire”卓己さんも「ベースにも使える数少ないオーバードライブの一つ」と絶賛。曰く「繋げても音が太いまま」と仰る松田さん、お気に入りはDirectモードとの事です。
ベーシストの皆様、これは一度お試しになるしか!

お気軽にお声がけの方、して下さいませ。
お待ちしております!

| その外のご紹介 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日もゴダンの新しいモデルです

昨日に続いてゴダンの日本初上陸のギターの紹介です!

 本家godinのホームページには掲載されていますが
 日本国内には昨日、ご来店されたパトリック・ゴダン氏と共にやってきました。

 Progression Boutique with USB



 SSH配列のピックアップを搭載したキルトメイプルが綺麗な
 エレキギター。最近のゴダンのトレンドでもあるHDRスイッチ
 アクティブトーンとパッシブトーンの切り替えができ、色んな音づくり・・ができるんです。
 こちらもオール・カナダ製!ホント、音が良いです!
 そして、USBがフューチャーされています。
DSCN8851.jpg
 
 アラフォーなおぢさんとしては
 「ギターにUSBが付いてて何をすんねん。」なんと思ってしまいますが
 最近はOVATIONのプリアンプも色んな事できるようになってますしね。
 
 USBで簡単にPCに繋ぐんですよ・・
 特にドライバーが必要なくUSBで繋げば・・・・(^^ゞ
 ソフトが必要ですがパソコンでギターが楽しめます・・・はずです。
 ・・すいませんパソコンで音楽やらないもんで・・・
 でもパソコンでもギターが鳴らせるなんて、、便利な時代!

 (ちなみに店頭にはACS Flame USB モデルがありますよ~)

 多分、来年早々には国内にも入荷してきそうな雰囲気です。
 
 良いクォリティでお求め易い値段で出てくる事でしょう!
 楽しみです。入荷の際はご案内しますので是非弾きに来て下さいね~(^_^)v 

| ギターのご紹介 | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。