みどり楽器ブログ

名古屋・いりなかの楽器SHOPスタッフブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

RC-505を触ってみました。

こんにちは、スタッフ フナハシです。
名古屋は少しばかり暖かくなりまして、ついに先日は半袖でお店の中で過ごしました(笑)。ちょっと季節を先どりし過ぎた勤務状態だった気がしないでもないですが…。
それに反して今日は少し冷えますね。冷たい風が吹いています。それでも過ごしやすい春って、やはり素晴らしい!
さて、先日RolandのHさんがご来店、新製品についてデモを交えて詳しく、そして何よりもわかりやすく解説して下さったのでそれについて書いていこうと思います。
今回Hさんが持ち込んで実演して下さったのはこれ!

179.jpg
BOSS RC-505
もうすっかり浸透し、大会まで開かれるようになったループステーション。
クリエイター/プレイヤーの想像力を刺激して聴き手の想像力を上回るパフォーマンスを実現可能にする、これはもはや一つの楽器と言っても良いのではないでしょうか(大袈裟、ですか?笑)。
そんなループステーションの最新機種がこのRC-505。

178.jpg
このRC-505、今までフロアタイプだったループステーションシリーズに対してデスクトップ型。ギターリストや弦楽器奏者も勿論お使い頂けますがスイッチがフットタイプでない事を考えるとターゲットはDJやボイスパフォーマー、はたまた鍵盤奏者により近づいていると言えるでしょう。
正直な話、僕自身ループステーションシリーズには小難しい印象がありました。複雑な操作に手間取ってうまく扱えないんじゃないか…そんな思いがループステーションから(文字通り)足を遠ざけていた理由です。
しかし、そんな僕でもこれは簡単!
5つの再生/録音ボタンそれぞれで録音/オーバーダビング。停止ボタンは見た通りそのループの停止。この見た目通りってのが嬉しいですね。そしてボタンの周りが赤く光っているのがおわかり頂けるでしょうか、この光っている状態はループが録音されている事を示しています。つまり見た目で各ループがどうなっているのかすぐにわかる、という事。
フェーダーやオールストップ/スタートボタン等、組んだループをDJ感覚で操作するだけで格好良い曲になってしまいます。面白いのは入出力それぞれエフェクトがかけられるという事。インプットエフェクトは所謂「かけ録り」ですがアウトプット段階でのエフェクトはオン/オフが可能。これがまた遊べる遊べる。

177.jpg
Hさん、相当使いこなしてらっしゃいましてデモソングを使って格好良い演奏を披露して下さいました。Hさんの演奏を見ているだけでどこをどう触ればどうなるか何となくわかる。勿論わかりやすいように実演して頂いたっていうのもあるのでしょうが、その点からもシリーズ中最もわかりやすい機種である事がわかります。
見た目もスタイリッシュですね。

いや、これ相当遊べますし楽しいです。実際に見て触って、如何にRC-505が気軽にループプレイを楽しめるモデルなのかがわかりました。
5月末入荷を予定しております。店頭で触って頂いて、この楽しさを体感してください!

| その外のご紹介 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://midoga.blog129.fc2.com/tb.php/218-13015e5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。